AMIGA travel online

amigahinaの世界放浪記録

ベルベル人と過ごす、美しきサハラ砂漠

with 2 comments

モロッコで人気のスポットのひとつがサハラ砂漠。日本ではお目にかかれない環境だけに憧れは強い。
いろんな街を起点に砂漠へ行くことができるが、私たちはマラケシュから2泊3日のツアーに参加し、再びマラケシュに戻るところを、折り返し地点のメルズーカという街でツアーバスから下ろしてもらい、思いのまま砂漠体験することにした。

マラケシュから少し行くと日干しレンガでできたような、可愛らしい家々が集落を作る小さな街や、雪に覆われた美しい山々、脇道を歩く学校帰りのかわいらしい子供たち。素朴な村の風景が広がっており、賑やかなマラケシュとは随分違った様子だ。

長いこと車に揺られ、アイト・ベン・ハッドゥへ到着。カスバと呼ばれる要塞があり、ここはアラビアのロレンスのロケ地としても有名だ。後で調べたところ、ハムナプトラ2、グラディエーター、ハムナプトラ、ナイルの宝石などなど、その他にも沢山の映画のロケ地になっているそう。どこまでも美しい景色のカスバ街道ドライブ。この日はワルザザードからダデス峡谷まで行って終了。私たちのツアーはアメリカ人2人、ベルギー人1人、ブラジル人2人、香港人1人、そして私たちの計8人。最初はおしゃべりしたりしたものの、もう移動に疲れ果てて終止無言。ベンツのバンは寒いし、狭いし、なかなか大変だったが、この日の宿は部屋からダデス峡谷を望める美しい場所。夕食のタジンの後には暖炉の横でミントティーを飲んだ。外は氷点下にまで気温が下がっている。

翌日はメルズーガという砂漠の入口の街まで移動だ。トドラ渓谷は世界中からロッククライマーが集まる場所。
昼の光を浴びてピンク色に染まってた。

ここまで来る間には沢山のオアシスがあって、その周りにはナツメヤシが高くそびえ、集落がある。人は生きるために住む場所を選び、そこに文化を創ってきた。その様子がカスバ街道を走れば良くわかる。人間の逞しい姿をそこに見た気がする。

そして夕方前に砂漠への入口メルズーガへ到着。ここからはラクダに乗って1時間。キャンプまで移動だ。

私たちはたった1時間。ほんとうに砂漠で生活するキャラバンは、1日に何時間移動するのだろう。。
ラクダは決して乗り心地のいいものではない。でも、一生懸命砂の上を上手に歩くらくだを上から見ているととても逞しい。優しい目は何を思っているのだろうか。。

らくだを引いてくれたボス。とてもいい笑顔が印象的。
今夜はベルベル人のスタイルでテントに泊まる。これが私たちのテント。

んで、そもそもベルベル人って何?砂漠で暮らす人?
最初は漠然とそんなことを思っていたのだが、ベルベル人はこの辺りに住んでいた先住民のことだ。ベルベル語を話す。北アフリカ一帯も今ではアラブ人が多く住むが、モロッコ国内だけでもベルベル人の割合は3割を占める。今では北アフリカの先住民を指すときにこの「ベルベル」という言葉が使われているが、この語源はギリシャ語で「蛮人」とか「わかのわからない言葉を話す人」という意味らしい。古代ローマ人がこの辺境の地で暮らす人々をこのように呼ぶようになったとか。ベルベル人自身は、自分たちのことを「自由人」の意味である「アマズィフト」とか「アマジグ」とか言うみたい。そうだよね、ベルベルは失礼な呼び方だよね、と思いきや、ベルベル人はなんか誇り高く「これはベルベル語だ!」とか「これがベルベルスタイルだ!」とかって言うので私たちも「ベルベル!」って言いながらバルベル人と一緒に過ごした。もちろん親しみを込めて!

キャンプで作られる巨大なタジンが夕食。5、6人でつっつきながら食べた。経験も相俟ってとーっても思い出深い味。そして夜はたき火を囲んでおしゃべり。ベルベルのみんなが太鼓を持ってきてベルベルの音楽でもてなしてくれる。
空は満点の星空!信じられないくらいの星と、天の川と、無数の流れ星。



あー、彼らはアラブ人じゃないんだ、アフリカのリズムが流れてるんだ。。
旅を始めてから今まで、様々な宗教、民族、風習を目の当たりにしてきた。特にイスラム圏に入ってからはそれらが一番の興味の対象になった。イスラムのこと、ちょっとわかってきた頃、また新しく美しい文化に出会った。ベルベル人もムスリムだけど、ベルベル人は自由な独自の文化がある。自由な行き方が根底にある。もっと彼らのことを知りたいし、もっと砂漠の中を見てみたい!そう思った私たちは、本来この翌日マラケシュに戻って終了予定のツアーを抜けて、このままこのキャンプに一泊することにした。

翌朝、ツアーのみんなを見送り、私たちは悩んだ挙げ句、4×4でサハラを巡るツアーへ。悩んだ、というのは値段の問題だけで、行ってみて本当に良かった後悔のない体験だった。昨晩歌ってくれたモハメッドは途中までガイドしてくれることに。アラビア語とベルベル語の他に、フランス語、スペイン語、イタリア語も話す彼はまだ22歳。現在お嫁さん探し中のとってもナイスガイ。車は憧れのランドローバー・ディフェンダー。完全防備でいざ!

まず向かったのは小さな小さな街。

土を固めて作ったようなかわいらしい家々にはここだけ近隣のアフリカ諸国、主にマリなどから移り住んできた人々が住むエリアだ。なんで移り住んできたかはわからない。黒人の子供たちが無邪気に遊んでいた。

小さな石が無数に立っている。これはベルベル人のお墓だそう。平たい石の面同士を向かい合わせたのが男性のお墓。片方の石を縦に垂直に立てたのが女性のお墓だそう。小さな缶が埋まっていて、中にはお花ではなくお水を供える。

ここではコハルという鉱物を採掘していた。黒い石で、粉々にしてなんと女性のアイラインになるのだとか!

とっても美しいサハラ一帯。もうすぐそこはアルジェリア国境。砂漠と山々を見下ろせる小高い丘に、なにか神秘的なものを感じて、ここでお父さんを散骨。いつもは川や海に葬ることが多いけど、この景色の広大さに感動して、今回は小さな穴を掘った。

ベルベル式に小さな墓標も建てて。
お父さんと一緒にここに来れたこと、嬉しく思うよ。空は雲ひとつない青空だ。

さあ、そんなことしてるともうすぐ夕方。ディフェンダーを走らせて、再びキャンプへ。今日はラクダには乗れないから、車で行けるところまで行って1時間砂漠を歩く。

砂漠を歩くのは本当に大変。足が思うように前に出ないし、なかなか前に進まない。ガイドのモハメッドの後を追うようにするが、すぐに距離が開く。彼の足跡を追ってみる。なるほど大きく歩幅を取って、一歩一歩確実に踏み込んで行くのだ。

「急がないとサンセットが見れないよ!ヤッラ、ヤッラ!」(早く、早く!)

そう、昨日も見たサンセット。この幻想的なショーを今日も見ない訳にはいかない。キャンプの隣には大きな砂の丘がある。絶景なのだ。必死で歩いた。砂漠と共に生きる人に敬意を払いながら、美しい自然の大地を思いっきり踏みしめながら、2011年の最後、クリスマスを目前にこの1年を振り返っていた。大切な、大切な人を失った。辛く悲しい1年だった。心に穴が開いた。でも今、この見渡す限り砂に囲まれた地を歩いていると、とってもちっぽけな自分がいる。私と同じ思いは誰でも経験する通過点なのだ。悲しみの通過点を過ぎたなら、これからは笑顔で行こう!大切な人はいつも心に生きている。

砂漠ってあまりに広大で、涙腺がふわっと緩んで、悲しいやら嬉しいやら、いろんな感情がごちゃ混ぜになって、丸裸の人間になる。砂漠はどんな私たちをも受け入れてくれる、とってもポジティブな場所だった。

広告

Written by amigahina

2012年1月9日 @ 10:49

カテゴリー: merzouga, Morocco

コメント / トラックバック2件

Subscribe to comments with RSS.

  1. きゃ〜ひなちゃん!可愛い笑顔だわっ!
    ってか、最高の旅に出てるねっ!やるね〜〜〜〜〜〜!
    私も気持ちだけは、よく旅に出てるんだけど(笑)
    帰国したら、逢おうぜ〜〜〜〜〜い、マジでっ!

    去年はお父さんの事大変だったね。
    天国でもROCKなパパしてるんだろうなぁ♬

    私の方は、11月に次男を出産したよ。
    てんやわんやな毎日だけど、心が満ち足りてて充実してるっす。

    仲良く、体に気をつけて、沢山チャージして下さいな。
    旅の安全をお祈りしてます☆

    横浜から愛を込めて!!!!!!!

    tomoko

    2012年1月12日 at 21:06

    • きゃ〜〜〜!!友ちゃん!?友ちゃんなの!?
      次男って!全然知らなかったよー、素敵、素敵すぎるよ友ちゃん!
      友ちゃんアイくんの子供は男の子って感じだねw 男の子に囲まれながら育児する友ちゃん、想像するだけで素敵よー!

      うん、去年は大変だったけど、今世界中に眠ってるから、どこ行っても近くに居るかなぁって。
      モロッコはお父さん似の(濃い)人が多くて笑っちゃったw
      これから南米にも連れてくよ!
      ドヤ顔が目に浮かぶ…
      帰ったら、絶対連絡するね!
      横浜で♡ ありがとう!

      amigahina

      2012年1月13日 at 17:09


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。